かげろうの花

Photo_3

吟醸酒『かげろうの花』をご紹介させていただきます。

このお酒は、当店先代社長・関矢健二(以下、関矢)の

代名詞的なお酒で今では当店のセキヤオリジナル酒の中でも、

もっともロングセラーな商品となっております。

かれこれ20数年以上前に先代・関矢が地方の蔵元様を

訪ね歩いていた時に『北洋』の銘柄を醸している富山県の

本江酒造様と出合い、その『北洋』の銘酒に惚れこんだのが

最初だったと聞いてます。

その後に先代関矢は、学究肌で『酒造り』に一つの論理を

持つ蔵元の宮内社長とひざ詰めで話し合い、どんなお酒を

お客様に売りたいのか、しっかり考えを伝えました。

そして望みの味を注文して、できあがってきたのが

吟醸酒『かげろうの花』でした。

お酒のネーミングの由来は、富山県の魚津にある蔵元さん

ということで魚津の蜃気楼を意識して『かげろうの花』と

命名したということです。

そしてラベルデザインは先代関矢が特別な計らいによりまして

25年ほど前に何とあの有名イラストレーター安西水丸氏に

していただいたという驚きな家宝物です。

25年以上経った今現在でも色褪せることのないデザインで、

さりげなさの中にも文字と花びらがとても主張し、洒落ている

粋で素敵なラベルになっています。

※イラストレーター安西水丸氏は2014年3月にご逝去されました。

  謹んでご冥福をお祈りいたします。

また「かげろうの花」ラベルに用いられております紙は、

1枚1枚和紙職人さんが手間隙をかけています

本物の手漉きの和紙「ぼたん紙」を使用しています!

普通の印刷用の紙とは質感が全然違いまして

和紙へのデザイン印刷も、

一切印刷屋さんの機械作業ではできませんので

全て和紙に手刷りができます専門の職人さんに

1枚1枚手刷にて依頼しております。

和紙といえばつい先日、和紙は無形文化遺産に登録・・

との報道もございました!!

故・安西水丸氏の思いが込められました粋で洒落たデザイン・・

世界が認めた伝統技術「和紙」・・

そしてこちらも日本が世界に誇れます

伝統的技術の真髄な国酒であります「日本酒」・・

「かげろうの花」は、こんな3つの豪華コラボレーションな逸品です! 

Dsc_0472
Dsc_0471

味わいにしては、かげろうの

「花」をイメージさせるような花やぐ甘い香りに

口当たりはやわらかながらすっきりキレる、

爽やかな辛口酒です。

富山の蜃気楼の見える街で

育ったこのお酒は

もちろん食中酒として

海の幸にもぴったり合います。

故・安西水丸氏にも生前中、

ご愛飲いただいておりました

『かげろうの花』で

今宵も一献いかがでございましょうか。

Photo


☆吟醸酒・かげろうの花・白ラベル(火入れ)

1.8L ¥3,395(税込)
720ml ¥1,922(税込)

Photo_2

☆吟醸酒・かげろうの花・紺ラベル(生酒)

1.8L ¥3,395(税込)

720ml ¥1,922(税込)

◎酒質データ

富山県・本江酒造

原料米・雄山錦(富山県産)

精米歩合・50%

日本酒度・+6

アルコール度数・15%

酵母・広島吟醸酵母1号

酒質濃淡度・淡麗

◎このお酒と相性抜群なおつまみ一口メモ
・魚のお刺身(とくに淡白な白身魚)や、あっさりした味付けの和食のお料理によく合います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Instagram

PAGE TOP